生理中でもホットヨガをしても問題ない理由

         
 

ホットヨガに通っていると、女性は生理と被ってしまうこともあると思います。そんなときは、レッスンを休んだ方がいいのか迷ったりしませんか?

イメージ的にはレッスンは休んだ方がいいと考えるかもしれませんが、身体としては特にホットヨガをしても問題ないと言われています。

この記事では、

  • 生理中でもホットヨガをしても問題ない理由
  • レッスン中に気をつけてほしいこと

などを解説します。

 

生理中のホットヨガで気をつけてほしい4つのこと

結論から言えば、生理中であってもホットヨガを受けることは可能ですし、必ず休まないといけないということもありません。実際に、カルドLAVAなどでも禁止はされていません。

ただ、いつもとは体調が異なるため、生理中にホットヨガに行こうと思っている方は、以下の4つのことを気をつけてほしいなと思います。

①事前にインストラクターに伝えておく

必ずしてほしいことは、女性のインストラクターの場合、当日のレッスン前に生理だということを事前に伝えておいた方がいいかもしれません。

グループレッスンを基本としているホットヨガですが、インストラクターはそうやって声をかけていると、注意してみてくれるようになります。

生理中は体調が変化しやすいですし、生理中にはとりづらいポージングに関しては、「これは休んでてもらって大丈夫ですよ!」とサポートしてくれたりします。

ですので、生理中にレッスンを受ける場合は、まずインストラクターに伝えておくことをおすすめします。

②しんどいときは休む

僕はパーソナルトレーナーとして活動する中で、女性が生理になったときに体調の変化を見てきています。

人によって生理中の体調はかなり大きく違っていて、全く平気な方もいる一方、全く動けなくなる程腹痛に襲われたり、精神的に不安定に方もいると思います。

そうやって、生理中は体調がかなり不安定になるので、レッスン前にいけそうであっても、いざレッスンがスタートしてしんどくなってきたら、無理せず休むようにしてくださいね。

③痛みが出やすい

生理中は、腰痛になる女性も多いですよね。これは生理が原因ですが、そのタイミングでホットヨガで無理な動きをすることで、さらに痛みが増してますことがあります。

人の痛みは脳が感じているため、生理が原因で起こっている痛みが、無理な動きによってさらに増し、その結果生理が終わっても痛みが残るということが起こりえます。

ですので、腰痛などの痛みがある場合も無理せず、可能な範囲でホットヨガをするようにしてほしいなと思います。

④服装

あと、女性の方が一番わかっていると思いますが、服装にも注意が必要です。

ロイブとかの女性専門のホットヨガスタジオであれば、まだいいかもしれませんが、男女兼用のスタジオでは、男性の目もあるため服装や色合いは気をつけた方が良さそうです。

この4つに気をつけてもらうと、生理中であってもホットヨガは安心して受けられると思いますね。

 

ホットヨガをすると生理痛が軽減する可能性がある

ここからは、僕自身がPMS(月経前症候群)のクライアントさんとのセッションで感じた、生理痛が軽減する可能性があることについてお伝えしたいと思います。

今生理痛で悩んでいる方もいるかもしれませんが、ホットヨガをすることで、生理痛が軽減するかもしれません。その理由を解説します。

自律神経が乱れると生理痛がひどくなる

この内容はあくまでも一つの参考例としてご覧ください。これまで、数多くの女性とセッションをしてきて、

自律神経が乱れている方ほど、生理前後で起こる身体の変化が大きい

という傾向がありました。自律神経が乱れているということは、いわゆるストレスが溜まっている方であり、そういう方ほど生理中の、

  • むくみ
  • 体重増加
  • 腹痛
  • 腰痛
  • 精神的な変動

などがみられました。そこで、自律神経を整えられるようにサポートをしていくことで、生理前後の体調に変化が出てきて、こういった症状が軽減してきました。

ホットヨガで生理痛が軽減する

ホットヨガのリラックスクラスなどでレッスンを受けることで、自律神経を整えることができます。

自律神経が整うことによって生理痛が軽減する可能性は十分考えられます。

特にLAVAのレッスンは、インストラクターの呼吸の誘導がうまく、身心共に深いリラックス状態に入れます。レッスン後は、不思議なぐらい頭がスッキリしていましたし、気持ちも落ち着いていました。

こういう意味合いからも、生理痛で悩んでいる方は根本改善を目指すために、ホットヨガに通うということはおすすめできますね。

ちなみに、おすすめのホットヨガスタジオはこちらの記事で紹介しているので、参考にしてみてください。

バランスの良い食事も重要

また、ホットヨガの呼吸法で自律神経が整いますが、このとき栄養に偏りがあるとうまく整わないことがあります。

というのは、セロトニンはトリプトファンというアミノ酸でできており、日頃の食生活が乱れていると、体内のトリプトファンが不足している可能性があります。

この場合は、いくらリズム運動をしてもセロトニンの分泌量が少ないため、思ったような成果が得られない可能性があるんですね。

本来は、

バランスの整った食事に変えることが理想

ですが、もし難しい方はネムリスというサプリを活用してみてください。そうすると、より自律神経のバランスをサポートしてくれ、生理痛も軽減されます。

ネムリスの詳細はこちら

 

まとめ:生理痛に悩む方にもホットヨガはおすすめ

今回は、生理中にホットヨガに行ってもいいのかどうかなどを解説しました。

今回の記事のまとめ

  • 生理中にホットヨガに行っても問題はない
  • ただ、予めインストラクターに伝えておくこと
  • 体調が優れないときは、無理をしない
  • 生理痛がひどい方は、ホットヨガで軽減できる可能性がある

こういった内容をお伝えしていきました。

個人的には、ホットヨガのリラックスクラスは女性にとって身体も心もスッキリさせてくれる内容になっているので、ぜひ受けてほしいですね。

今回の内容が少しでも参考になればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!